Corporate Site
Branch
Site Map
HOME > 採用情報 > 教育制度について
新卒採用エントリー
募集要項・採用フロー
教育制度について

採用情報

教育制度について

ナラサキ産業では個人の意欲を大切にし、その能力を最大限に伸ばしていきます。

img img img

教育研修制度

教育研修制度の目的

当社の理想とする集団(企業)像は、社員の一人一人がその特性を集団の中で十二分に発揮できる活力を持った組織です。この理想を実現するために教育研修制度においては、「1.自立した個の確立」、「2.目標共有化の推進」、「3.協業意欲の向上」、「4.コミュニケーション能力育成」の4項目に重点を置いています。更に管理職掌についてはこれらの能力開発を踏まえた上で、個々人の専門性向上に力を注いでいます。

教育研修制度の特色

ナラサキ産業における教育研修制度の特色は、OJT(OnTheJobTraining=実際の業務を通じての研修)とOFF-JT(職場を離れて行う専門性の高い研修)の2本を相互に絡ませながら、更に大きな縦軸として「目標管理制度」を据えている点です。個々の到達すべき目標を設定したうえでOFF-JTとOJTを繰り返し、学習から実行へ、更に結果に対する効果測定を実施後、新たな目標設定という一連の流れを構築しています。「任せて育てる」ナラサキ産業の育成方針は、このような仕組みにより実現されています。

新入社員研修

入社1年目の社員が受講する研修です。新入社員研修は入社時研修とフォローアップ研修の2つに分けられますが、入社時研修は入社直後の社員が受講する研修です。
ここでは社会人としての基礎知識、当社内でスムーズに仕事を進める為の社内ルールを中心に学びます。また、OJTでは基礎実務、コミュニケーション、チームワーク等について学ぶ事となります。OJTには先輩指導員制度を設けており、新人でも安心して業務に取り組める仕組みとなっています。
フォローアップ研修は入社後半年前後を目処に実施しています。入社時研修やその後のOJTにおいて学んだ内容のチェックと復習が研修の中心となります。

スキルアップ研修・管理職研修

2年目以降、中堅社員(専門職・専任職・総合職)向けに行われる研修がスキルアップ研修です。ここでは各人の必要に応じて、対人関係、問題解決能力、リスク診断、マーケティング、プレゼンスキル、ネゴシエーション、コンプライアンス等の項目について研修を受けることが可能です。また各部門においてはOJTの一環として社外セミナー・勉強会への参加、各種資格の取得支援を受けることが可能です。また、管理職以上については考課者訓練等を含む管理職研修が別途実施されています。

その他研修制度

自己啓発通信教育援助金制度、選抜研修、MBO(目標管理)研修を必要に応じて随時実施しています。




職能資格制度

社員の評価には2種類の制度を用いています。管理職以上には「職群制」、それ以外の社員については「職能資格制度」を適用しています。

職能資格制度

教育段階の社員に適用している評価制度です。この制度では闇雲に成果だけを求めることはせず、職務遂行能力の発展段階に応じて評価を行います。ここで十分に力を付け、一定レベルに達した者が管理職掌へステップアップする事となります。

職群制度

管理職掌(M職、Ex職)には、成果・実力主義の職群制を採用しています。一定水準に到達した能力を活用・発揮して生じた成果・貢献度に応じて、処遇・評価を行います。また「社員一人ひとりの生産性向上」を図るため、インセンティブ傾向の強い賃金制度を導入しています。

PAGE TOP